So-net無料ブログ作成

地球上空の軌道には1万8千個以上もの [世界のニュース]

地球上空の軌道には1万8千個以上もの宇宙ゴミがあるとのこと
---National Geographicより引用---ここから---
 宇宙ゴミは“space debris”の訳語。debrisはフランス語で、がらくた、残骸、瓦礫などを意味する。軌道上をさまよっているため軌道デブリとも呼ばれる宇宙ゴミは、具体的には、寿命が尽きて放棄された人工衛星のほか、破損した人工衛星の欠片、分離したロケットのステージ、宇宙飛行士の固形排泄物、その他のさまざまなもの(1965年の歴史的な宇宙遊泳で宇宙飛行士エドワード・ホワイトがなくした手袋など)がある。
 人工衛星と同じように、低軌道デブリは時速2万7000キロ以上の高速で地球の周りを移動している。そのような超高速度のため、微細なゴミであっても、稼働中の人工衛星や宇宙探査機、宇宙遊泳中の宇宙飛行士に衝突すれば衝撃は大きく、深刻な被害をもたらしかねない。NASAをはじめ、宇宙に関する国家機関は軌道デブリを深刻な問題と捉えており、既存の宇宙ゴミを減らし、将来のデブリを抑制するためのプランを考えている。
---ここまで---------------------------------
引用記事全文はhttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110630001&expand#title

地球の外はゴミだらけなんですね。
それに低軌道にある宇宙ゴミは時速2万7000キロ以上って;
人工衛星も同じ速度というのにも驚きです。
Star Project
タグ:宇宙ゴミ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。